無料でできる!予約フォームの作り方4選|おすすめ作成ツールもご紹介

MAGAZINE_OGP_予約フォーム作り方

「オンラインレッスンやイベントを開催したいけれど予約受付はどうしたらいい?」

「InstagramのDMやメールで予約受付をしているけれど、対応が大変なので自動でできないかな…」

レッスンやイベント・セミナーを開催することになった場合、予約の受付はどうしていますか?

イベント・レッスンを開催するだけでもさまざまな準備が必要ですが、予約の受付をメッセージでやり取りしていてはさらに時間がかかってしまい大変ですよね。

予約フォームを作成・設置して自動で予約受付ができれば、予約に関する業務負担が減り、レッスンや講座をよりよくするために時間を使うことができます。

この記事では、予約をインターネット上で自動受付できる予約フォームの作成方法便利なツールを紹介します。

  • レッスンやイベント・セミナーの予約フォームを作成したい人
  • すでに持っているホームページに予約フォームを組み込みたい人
  • イベントや、セミナーを開催しようとしている人で予約の受付方法が分からない人

予約フォームを使ったオンライン上での予約の受付方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

MOSHではオンラインサービス販売に必要な
予約・決済・顧客管理機能が無料で使える!

1 予約フォームとは

予約フォームとは、Webサイト上で予約を受け付けられるようにするツールです。

予約フォームのイメージ画像|MOSHクリエイター向けセミナーより

必要事項を入力するだけで予約が完了するため、利用者は24時間好きな時に予約できます。申込者は、「予約したい!」と思ったときにすぐアクションを起こせるので、予約の機会を失わずにすみます。

電話での予約方法は営業時間などを気にする必要がありますし、電話が苦手な方には少しハードルが高いですよね。

いつでもネットで予約できる予約フォームがあれば、サービス認知から予約申込までのハードルも下がり、申込率アップにも繋がります。

2 無料でできる予約フォームの代表的な作り方4選

そんな便利な予約フォーム、ぜひ取り入れてみたいと思いませんか?

無料で予約フォームを作る方法があるのなら、まずはやってみたいと思いますよね。

代表的な予約フォームの作り方を4つ紹介します。

それぞれメリットやデメリットがあるので、比較して自分に合うものを選んでみてくださいね。

2-1  HTML・PHPで予約フォームを作成する

プログラミング言語の HTML・PHPで予約フォームを作成できます。

HTMLとは、サイトの見た目をコンピューターに指示する文字列のこと。

いまご覧になっているこのページも、HTMLタグを使って文字を太字にしたり見出しを入れたりしています。

タグを使って予約フォームのフォーマットや、予約日や登録情報などの項目を作成してサイトに埋め込むことができます。

PHPとは、「動的なウェブページを作れるプログラミング言語」のこと。

HTMLで作成されたページはいつ誰が見ても同じですが、アクセスしたタイミングなどにより表示が変わるページのことを動的なページと言います。

HTMLで作られた予約フォームのデータが送信されたあと、処理するためのプログラムをPHPで作成します。

自分の好きなデザインの予約フォームが作れるため、オリジナリティのあるものが作れます。ただし、プログラミングスキルが必要なので、誰でも簡単に作成可能というわけではありません。

メリット 完全オリジナルの予約フォームを作れる
デメリット プログラミングスキルがないと構築が難しい

2-2 WordPressプラグインで予約フォームを作成する

Word Pressは、ウェブサイトを作成するための誰でも使えるオープンソースソフトウェア。ソフトウェアとはパソコンへ指令を出すコンピュータープログラムのことです。

Word Pressを使うと、高度なプログラミング知識がなくとも自分でウェブサイトを作れるので、多くの人に使われています。

WordPressで作ったサイトには「プラグイン」という拡張機能を使い、さまざまな機能を追加することができます。

このプラグインを使って、ウェブサイトに予約フォームを設置することができます。

プラグインは無料で使えるものが多くあるので、コストをかけずに取り入れやすいです。

もともとWordPressのホームページを持っている人にはおすすめの方法といえるでしょう。

メリット Word Pressでホームページを開設している場合、導入がスムーズ。
コストも抑えられる。
デメリット Webサイト制作スキルがないと設定が 難しい。

2-3 Googleフォームで予約フォームを作成する

Googleフォームは誰でも簡単にアンケートや予約フォームが作れるサービスです。

質問事項を入力し、URLを共有するだけで簡単に予約を受け付けられます。

質問事項は複数の選択肢から自分で設定することができ、回答はスプレッドシートにまとめられるので、顧客管理が楽になるというメリットもあります。

ホームページを持っていない場合でもSNSにGoogleフォームのURLリンクを貼ることで予約受付が可能です。

Googleアカウントがあれば誰でも作成可能なので、ツールを導入せずに予約を受け付けするのであれば、Googleフォームを使うのが一番簡単な方法です。

メリット 簡単に予約フォームが作れる
デメリット テンプレートが決まっているため、カスタマイズ性・オリジナル性に欠ける

2-4 予約フォーム作成ツールを使う

あまりパソコンに詳しくないから簡単に予約フォームを作れる方法がいいという方には、予約作成ツールを使うのがおすすめです。

予約フォーム作成機能だけなく、イベントやレッスンを開催する際に便利な機能が備わっているのが予約フォーム作成ツールのポイントです。

予約フォーム作成ツールは、こんな方におすすめです。

  • 簡単に手間なく予約フォームを作成したい人
  • Webに苦手意識のある人
  • 凝ったデザインの予約フォームは必要ない人

ツールを使うと予約フォームが簡単に作成できますが、テンプレートに沿って作成するため、好みのデザインが見つからないこともあるでしょう。

また、使いたい機能が有料プランでしか使えなかった場合は、コストがかかることもあります。

メリット テンプレートに沿って作成するものが多いため、簡単に作れる。
サポートが充実している。
デメリット カスタマイズ性はやや劣る。
料金プランによって機能に差があることがある。

3 予約フォーム作成ツールを選ぶポイント

予約フォームを作成する方法はいくつかありますが、作成ツールを使うことで高度なスキルがなくても簡単に作ることができます。

予約フォーム作成ツールも多くのサービスがあるので、選ぶときのポイントをまとめました。

チェックしたいポイントは以下の3つです。

  • 予算に見合っているか
  • 決済から顧客管理まで一元管理できるか
  • 業種と用途に合っているか

3-1 予算に見合っているか

サービスを導入する際、導入コストと運用コストが予算に見合っているかを検討します。

予約ツールは無料で使えるものもありますが、初期費用や月額費用がかかるものあります。

月額費用を抑えるために、料金プランを安めのものにした場合は、どんな機能が使えてどんな機能が使えないのかをチェックする必要があります。

使いたい機能が使えないために、他のサービスが必要になったり、オプション料金がかかってしまっては、かえってコストや手間が増えてしまいますよね。

自分が利用したい機能が搭載されているかどうかの機能面と、予算面のバランスをしっかり見極めましょう。

3-2 決済から顧客管理まで一元管理できるか

予約フォーム作成ツールを利用する最大のメリットは、決済や、申込者・予約者の顧客管理を同じツールで完結できること。

予約受付以外の、高度かつ豊富な機能を利用できるのがツール・サービス利用のメリットです。

あれこれバラバラのツールを使う必要がないので、業務のワンストップ化が実現できます。業務効率が大幅にUPし、提供するサービスの質の向上に時間を使うことが可能です。

3-3 業種と用途に合っているか

ひとくちに「予約フォーム」といっても、業種や用途によって予約フォームに盛り込みたい項目は変わります。

予約フォームは以下のように、用途に合わせて盛り込む項目・形式を変えましょう

  • 予約カレンダー or タイムテーブル
  • 予約人数の記入有無

たとえば、オンラインのヨガレッスンを開催するとします。

ヨガスタジオなど、複数のプログラムを開催する場合は、時間割・タイムテーブルを表示させます。そうすることで、予約者は自分の受けたいレッスンを選びやすくなり、スムーズに予約できます。

個人でプライベートのヨガレッスンを開催する場合は、予約を受け付けられる時間を◯×形式で表示させる予約カレンダー表示させると、予約可能なのはいつなのかが一目で分かりますね。

グループレッスンの場合は、予約人数を入力できるテンプレートを使うとよいでしょう。

検討しているサービスの利用事例などをチェックし、用途と機能が自分の提供サービスにうまくマッチするかどうか確認しておきましょう。

4 おすすめの予約フォーム作成ツール・サービス3選

「ラクに作成できそうなので、予約フォームを使ってみたい!」と思ったら、どんな予約フォーム作成ツールやサービスがあるのか詳しく知りたいですよね。

簡単に予約フォームが作れるおすすめのツール・サービスを3つ紹介します。

  1. サービスの特徴
  2. 使える機能
  3. かかる費用

これらをサービスごとにまとめました。

4-1 SELECTTYPE

SELECTTYPE(セレクトタイプ)は、デザイン性の高いおしゃれなテンプレートが揃っている予約システム。美容室やエステ、オンラインレッスンまで幅広い事業者が導入しています。

豊富なテンプレートが用意され、以下のようにタイプ別に分かれているので、自分の事業に合ったものを迷わず選ぶことができます。

  • 時間割タイプ
  • 営業時間受付タイプ
  • スタッフ指名タイプ

無料プランでも十分な機能が備わっていますが、有料プランにすることで、決済手数料が安めになったり、広告を非表示にできるなどのメリットがあります。

アンケートフォームやメールフォームも使いたい場合はセットプランがあります。

  料金(税込) 使える機能
無料プラン 0円 予約自動受付、自動決済
ベーシック 月額¥1,650 無料プランの機能
+広告費表示、Googleカレンダー同期
プロフェッショナル 月額¥3,300 ベーシックプランの機能
+90日後まで予約可能
プレミアム 月額¥11,000 プロフェッショナルプランの機能
+365日後まで予約可能

 

4-2 MOSH

MOSHは、予約・決済・顧客管理機能まで、すべて無料で使える個人のためのサービス販売プラットフォームサイトです。

簡単に予約ページを作成でき、ページ内で予約・決済を行えるようになります。

顧客管理も一括管理できるため、面倒な手間を省くことができ、サービスの向上に注力することができます。

ヨガやフィットネスのオンラインレッスンだけでなく、カウンセリングや子育て相談など、さまざまなオンラインサービスが提供されています。

MOSHの機能(完全無料)
予約ページ・サイトの作成
予約の自動受付
事前クレジットカード決済
ZoomミーティングURLの自動メール送信
顧客管理

4-3 formrun

テンプレートを使い、あっという間に予約フォームを作成できるformrun(フォームラン)。

豊富なテンプレートと高いセキュリティで、予約フォームを使いたい事業者も、お客様も安心して使える予約ツールです。

有料のPROFESSIONALプランでは、スプレッドシートへのデータ書き出しや一斉メール機能などが利用可能。

チームで講座やレッスンを運営する場合はおすすめです。

  料金(税抜) 使える機能
FREE 0円 予約自動受付
自動決済
BEGINNER 月額¥ 3,880 FREEプランの機能
+個別メール送信数50件まで
STARTER 月額¥ 12,980 BEGINNERプランの機能
+一斉メール送信機能
PROFESSIONAL  月額¥ 25,800 STARTERプランの機能
+スプレッドシート連携機能
 

5 MOSHで予約フォームを無料で作成しよう

予約フォームを使うことで、簡単に自動で予約受付が可能になり業務を効率化させることができます。

ご自分の提供するレッスンやイベント・セミナーにぴったりの、予約フォーム作成サービスを選んでみてくださいね。

MOSHでは、予約フォームとしての使い方はもちろん、ホームページ・LP(ランディングページ)も簡単に作成できます。

サービス・イベント内容をわかりやすく魅力的に伝えられ、ページ内で予約申し込みが行えるので、告知・集客から予約申し込みまでスムーズです。

予約サイト・ページの作成に加え、決済・顧客管理まで、簡単操作でスマホ一つで完結できるので、複数のツールを使う必要がなくなります。

直感的に操作できるシンプルな設計のため、パソコンを使った複雑な操作に不安を感じる方にもおすすめのサービスです。

無料アカウント登録後、すぐにページ作成できるので、気軽にお試しで利用してみるのもおすすめです。

分からないことがあっても、LINEのチャットサポートですぐにお問い合わせできるので、運用に不安のある方でも安心してご利用いただけます。

予約フォームの作成だけでなく予約ページの作成・決済・顧客管理も簡単にできるMOSHをぜひ使ってみてくださいね。

\スマホで完結、誰でもカンタン/  
MOSHなら予約受付や事前決済など
オンラインレッスン開催に必要な
あらゆる機能が無料で使える