ピラティスインストラクターになるには?必要資格や副業での方法も紹介

MAGAZINE_OGP_ピラティス

「副業でピラティスインストラクターになりたいけどどうしたらいい?」
「フリーのピラティスインストラクターとして活動するには何が必要なのかな…」

ピラティスインストラクターに興味があるけれど、どのようなステップを踏んだらいいのかわからなくて悩んでいませんか?

この記事では、ピラティスインストラクターのなり方や資格フリーで活動していくための準備など、詳しくまとめました。

  • 主婦や会社員の副業でピラティスインストラクターになりたい人
  • ピラティスを教える資格や活躍フィールドについて知りたい人

このような方はぜひ参考にしてみてください。

MOSHでは多くのピラティスインストラクターが活躍中

1 ピラティスインストラクターについて

ヨガとピラティスは似ているので、違いが分からないという方もいらっしゃると思います。
ヨガは呼吸や体を伸ばすことを中心に心を整えるのに比べ、ピラティスは体の内側から筋肉を鍛えるトレーニング
インナーマッスルを鍛えることで、姿勢が良くなり肩こりなど不調の改善が期待できます。

そんなピラティスを教えるのがピラティスインストラクターです。

最近では体幹トレーニングやカラダのバランスを整え、美容やダイエットに効果があるといわれています。

1-1 ピラティスインストラクターの仕事内容

ピラティスインストラクターの仕事内容は、正しくピラティスを教えること。
体の内側の筋肉であるインナーマッスルを鍛え、ケガのないように体を正しく使えるよう指導します。

体の仕組みや筋肉の動き、重心のかけ方に関する知識だけでなく、生徒さんと円滑にコミュニケーションが取れるスキルも欠かせません。

また、インストラクターの仕事はレッスンを行うだけではありません。
スタジオ勤務・独立開業・フリーランスなど、働き方によって異なりますが、レッスン以外の業務もあります。

  • レッスンの受付
  • 生徒さんからの質問に答える
  • レッスンのフィードバック
  • スタジオの清掃
  • ピラティスボールなど器具の管理
  • レッスン料の集金
  • 生徒さんの顧客管理

特に、独立開業する場合は、すべて一人でやらなければならないことが多いため、レッスン以外のことは効率よくなるべく手間がかからない方法を選ぶといいですよ。

MOSHで予約・決済・顧客管理もラクラク!

1-2 ピラティスインストラクターの収入

ピラティスインストラクターになると、どのくらいの収入になるのでしょうか。
収入は、スタジオで勤務するか、フリーランス&開業かによって異なります。

【ヨガスタジオ勤務の場合】

スタジオ勤務の多くは正社員や契約社員の雇用契約となり、毎月決まったお給料がいただけます。
社会保険料がお給料から天引きされるため、自分で税金を納める必要はありません。
社員だけでなく、時給制アルバイト雇用のスタジオもあります。

スタジオ勤務の場合は、受付や清掃、ジムなど、ピラティスレッスン以外の業務を行うこともあります。

求人募集を見ると、月収は20万円前後から。
生徒さんが増えて、人気の先生になれば収入はあがっていくでしょう。
アルバイトの場合は、時給1200円前後の求人募集が多くみられました。


【業務委託契約の場合】

フリーランスの業務委託として契約する場合は、ワンレッスンごとに講師料が支払われます。
60分のレッスンで3000円〜5000円程の求人募集が多くありました。
業務委託契約で勤務する場合は、個人事業主となり確定申告をして税金を自分で納める必要があります。


【フリーで活動する場合】

また、独立開業して自分でレッスンをしていくケースもあります。
スタジオを運営したり、オンラインレッスンを行ったり、自由な働き方ができるのが独立してフリーのピラティスインストラクターとして活動するメリット。

生徒さんからのレッスン料から諸経費を引いた額が報酬になります。
ただし、収入は不安定になりがちなので、質のいいレッスンを提供してリピーターを増やしたり、月額レッスンなどで収入の安定を図ることが大切です。

MOSHで月額レッスンも開催できる!

1-3 ピラティスインストラクターの活躍フィールド

ピラティスインストラクターは、どんな場所でレッスンを行うのでしょうか?

【ピラティススタジオ】

ピラティスの専門スタジオでは、ピラティスレッスンがいろいろな時間帯で開催されています。
初心者向けから上級者向けまで、幅広いレベルのレッスンが用意されているので、ピラティスインストラクターとして経験を積むにはいい環境です。
ピラティススタジオ勤務経験アリという実績にもなりますね。


【スポーツジム・フィットネスクラブ】

スポーツジムやフィットネスクラブでも活躍の場があります。
会社帰りに運動したり主婦の方が空き時間に利用したりと、ジムの利用者は多いので、集客に悩まず生徒さんが集まりやすい場所です。
マシンを使って本格的な体作りを指導したり、運動の仕方を教えるなど、ピラティス以外の業務が発生するジムもあります。


【カルチャースクール】

ジムやスタジオよりも気軽に始められるカルチャースクール。
お花や絵画レッスンと並んで、ヨガやピラティスなど運動系のプログラムも増えています。
地域のコミュニティセンターやカルチャースクールスタジオでもピラティスインストラクターとして活躍できます。


【オンラインでも!】

ビデオ会議システムを使い、オンラインレッスンを行うという方法もあります。
オンラインレッスンに特化したシステムを使えばすぐに始めることができるので、スモールビジネスとして始めやすい活躍フィールドです。

MOSHでオンラインレッスンを始めよう!

2 ピラティスインストラクターになるのに必要な資格は?

ピラティスインストラクターはいろいろな場所で活躍できることが分かりました。
インストラクターになるためには、資格が必要なのでしょうか。

2-1 必要な資格

実は、ピラティスインストラクターになるための国家資格はありません。
一般的に「ピラティスの資格」と言われるものは、民間資格です。

必須資格はないとはいえ、就職の際やフリーのインストラクターとして活動するためには能力を証明する必要があります。

ピラティススクールで資格(ディプロマ)を取得するメリットは、ピラティスについてきちんと学んだといういう目安になること。
ピラティスインストラクターとして、より信頼してもらえるようになりますよ。

ピラティスの資格は、マットピラティスとマシンピラティスの2つの資格に大まかに分かれます
マットピラティス・マシンピラティスの両方の資格を取りたい場合はどちらの資格も取れるスクール・コースを選びましょう。

2-2 資格の取得方法

ピラティスインストラクターの資格取得方法は、養成講座・スクールを卒業し認定資格をもらうというルートが一般的です。

体の仕組みやピラティスのポーズ、マインドなどを座学と実践レッスンで学びます。

ピラティスにもさまざまな流派があるので、特徴を比較してどの養成講座・スクールに行くかを決めましょう。

今まで受けてきたピラティスのレッスンを参考にするといいですよ。
先生にどこのスクールで資格を取ったか聞いてみるのもおすすめです。

スクールの選びに迷った時は、

  • 受講期間はどのくらいか?
  • サポート体制は整っているか?

をチェックしましょう。

受講期間が短期間だと、限られた時間の中で詰め込まなければならず、しっかりした知識が得られず卒業の時期になってしまった…なんてことも。
あせらずじっくり学べる、受講期間が長めに設定されているスクールを選びましょう。
あまり長いと中だるみしてモチベーションが保てなくなってしまうので、資格取得までのスケジュール作成をしっかり行いましょう。

資格講座受講中や卒業までのサポートや、卒業後の就職サポートがあると安心して学べますよね。
サポート体制はスクールによって異なるので、自分に合ったスクールを選びましょう。

3 ピラティスインストラクターになるには?

ピラティスインストラクターの資格を取得した後は、どうしたらいいでしょうか。
知識だけでなく、実際に生徒さんに教える経験を積んでいきましょう!

3-1 ピラティススタジオやスポーツジムに勤める

まずはピラティススタジオやスポーツジムの求人募集に応募してみましょう。

未経験でも、レッスンアシスタントや事務作業から始められるスタジオもあります。

徐々にレッスンを任せてもらえるように、スキルと知識を磨いていきましょう!

スタジオやジムに勤めるメリットは、先輩の仕事を見ながら成長できる環境であること。

ピラティスインストラクターとしての経験を積むことができ、さらインストラクター同士の人脈作りもできます。

3-2 フリーランスとして独立する

スタジオ勤めではなく、個人のインストラクターとして活動する方法もあります。

・複数のスタジオと業務委託契約を結び、ワンレッスンごとの報酬をもらう

・公民館やレンタルスタジオ、オンラインレッスンなどを活用し自分でレッスンを開催する

フリーのインストラクターとして独立することで、好きな内容のレッスンを行えるのは大きなメリットです。

オンラインレッスンなら、場所や時間にとらわれず、好きなところで働けます

自由度が高い分、生徒さんにレッスンを受けてもらえなければ安定した収入は得られません。

また、フリーランスとして活動する場合は、個人事業主になるため、確定申告の必要があります。
開業届を出した後は、収入と経費を計算して帳簿を付け、確定申告を行い正しく税金を納めなければなりません。

帳簿付けには簿記の知識が必要なため難しそうと思うかもしれませんが、会計ソフトを使えば簡単です。
最低限の基礎知識は必要ですが、自分のためにもなるので、まずは挑戦してみましょう!
経費がかかりすぎていないか、今月の売り上げはどうだったかなどが可視化できるため、今後の事業計画が立てやすくなりますよ

3-3 副業でも!

ピラティスインストラクターは、会社員、主婦の副業としても人気です。

会社での仕事が終わった後の平日夜や土日だけスタジオで働いたり、オンラインレッスンを行ったりなど、自分の合う時間だけレッスンを行えば副業しやすい職業といえるでしょう。

フリーでオンラインレッスンを始めるときは、MOSHを使えば簡単にスモールスタートできます。
オンラインレッスンに役立つ機能が無料で利用できますよ。

副業のピラティスインストラクターも活躍中!

4 フリーのピラティスインストラクターになるには?

フリーのピラティスインストラクターとして活動していくには、開催場所から集客・レッスンの運営などすべて自分で行わなければなりません

  • 生徒さんに「また受けたい!」と思ってもらえるような魅力的なレッスン内容を提供する。
  • こんなレッスンがありますよという告知をする
  • お客さんを呼び込む集客・営業活動

このように、フリーで活動するにはやるべきことがたくさんあります。
だからこそ、レッスンがうまくいくと 達成感がありますし、レッスン内容・金額なども自由に自分で決められるため、やりがいを感じられます

フリーで活動するうえで大切なポイントは以下の3つです。

  • ピラティスレッスンを開催する場所を決める
  • 告知・集客する
  • ツールを使う

4-1 場所を決める

まずはピラティスレッスンを行う場所を決めましょう!対面にするかオンラインレッスンにするかでコスト面でも変わってきます。

【部屋を借りる(または自宅)】

対面でレッスンするのであれば、スタジオとして利用できる部屋が必要です。

レッスンしたい人数にもよりますが、少人数制レッスンを提供するのであれば広い部屋を借りなくても大丈夫です。
ただし、事業用として部屋を借りてもよいのか、近隣住民の迷惑になる可能性はないかなど、細かい配慮は必要です。

部屋を借りると月額で家賃が発生するため固定費がかかります。
独立したばかりで初期の資金繰りに不安がある場合は、あまりおすすめできません。

自宅の一部で利用できるスペースを確保するという方法もありますが、賃貸の場合は許可が必要な場合もありますし、家族と同居している場合は家族の協力も必要になります。
借りた部屋または自宅でレッスンを開催する場合は、メリットとデメリットを把握したうえで慎重に行動しましょう!


【レンタルスペースの活用】

レンタルスペースやレンタルスタジオを利用するという方法もあります。
最近では、コワーキングスペースやバーチャルオフィスで、大きな会議室を格安で貸し出しているところもあります。

案件ごとに費用が発生するため、資金に不安がある場合でも取り入れやすいですよ。

ダンススタジオやバレエスタジオが空き時間をレンタルスペースとして貸し出していることもあります。
スタジオだと大きな鏡があるので、ピラティスレッスンには最適です。


【オンラインピラティスレッスンという方法も】

対面ではなく、オンラインでのピラティスレッスンを行うという方法もあります。
講師も生徒さんも場所にとらわれずピラティスレッスンができるので、気軽に始めやすいです。

オンラインレッスンは、副業にもおすすめです。
MOSHを使えば、予約・決済・顧客管理からZoomURLの共有まで自動化できるので、余計な手間を減らし効率よくレッスンを開催することができますよ。

MOSHはZoom連携機能も!

4-2 集客・告知をする

ピラティスレッスンをする場所が決まったら、生徒さんを集めましょう!
レッスンを開催することを告知し、集客・宣伝をしていきます。

どんなにいいレッスンを提供する自信があっても、生徒さんが受講してくれなければ始まりません。
SNSやホームページを効果的に使い、多くの生徒さんにあなたのことを知ってもらいましょう!

【SNS】

TwitterやInstagram、TikTokなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を使って集客しましょう!

ハッシュタグを効果的に使い、投稿内にレッスン案内ページのリンクを貼り誘導します。
レッスン予約方法や問い合わせ先を分かりやすくし、SNSを見た人が迷わずアクション出来るような工夫をしていきましょう。


【ホームページ】

SNSは画像や短い文字投稿がメインになるため、情報量を多く盛り込もうとすると見づらくなってしまいます。

あなたのオリジナルホームページを作ることで以下の情報をまとめられます。

  • レッスンスタジオへのアクセス
  • レッスン開催日
  • 講師プロフィール・実績
  • 料金

このようにHPは多くの情報を、キレイに分かりやすく掲載できるので便利です。

基本情報だけでなく、コラムやブログを書くのもおすすめ
ピラティスインストラクターであるあなたの思いや、インストラクターになった経緯、ピラティスに関するお役立ち情報などをまとめていきます。

サイトをGoogleの検索結果の上位に表示させるのは難易度が高いので、SNSやチラシなど、他の集客方法と掛け合わせるのがおすすめです。

「この先生のピラティスレッスンを受けてみたい!」と思ってもらえるような、情報量が多い魅力的なホームページを目指しましょう。


【フリーペーパー】

対面レッスンで、地域の人を対象にするのであれば、地域のフリーペーパーに広告を掲載したりやチラシのポスティングも効果的。

近隣のカフェやコミュニティセンターにチラシを置かせてもらったりポスターを貼ってもらったりと、地道な営業活動が結果につながることも。
オンライン集客ばかりに目が行きがちですが、地域のコミュニティを生かした宣伝活動にも力をいれてみましょう。

思わぬところから生徒さんが来てくれるかもしれませんよ!


【スキルシェアサービスの活用も】

自分の得意なことを出品できるスキルシェアサービス。
簡単に出品が完了できて販売料金も自分で決められるため、気軽に始めやすいです。

だし手数料が高めに設定されているため、売上の手取りが少ないと感じてしまうことも。
ピラティスインストラクターとしてスタートしてすぐの、初期の実績作りにおすすめサービスです。

4-3 ツールを導入をする

フリーのピラティスインストラクターとして開業すると、すべて自分一人で行なう必要があります。

予約管理やレッスン料の集金、配信ツールの準備など、レッスン以外の事務的な作業に時間を取られてしまうことも

管理作業を効率よくこなしていくために、便利なツールを活用していきましょう!
管理がラクになれば、ピラティスのレッスン自体をもっと充実させるための時間を作ることができますよ。

【予約・決済ツール】

オンラインでも対面でも、レッスンの予約を管理する必要があります。

予約受付方法は主に以下の4つ。

  • メール
  • SNSのDM
  • HPの申込フォーム
  • 予約システム

メールやDMなどメッセージでのやりとりは、誰がいつ予約し、レッスン料の振り込みをしたかをリスト化する必要があります。
リスト作成の時間が必要ですし、生徒さんの人数が増えてきたら管理するだけでも大変です。

HPの予約フォームはGoogleフォームを使えば自働的にスプレッドシートにまとめてくれるので、リスト作成の手間が省けます。

予約システムには、顧客管理を自動化するだけでなく、予約と同時に決済可能なサービスもあります。
MOSHでは、クレジットカードの決済手数料のみの負担でオンライン決済ツールを無料で使うことができます
顧客情報・予約情報・決済情報が一元化できるため、管理がラクに!

決済・予約ツールについて詳しくはこちらの記事もご覧ください。


【配信ツール】

オンラインでピラティスレッスンを行う場合、配信ツールはどれにしようか悩んでしまいますね。
多くのレッスンで使われているのはZoomですが、LINEやSkypeなど、生徒さんが使いやすい配信ツールを選ぶのがおすすめです。
配信ツールの選び方について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Zoomで配信する場合、オンラインレッスンの会場となるURLの共有方法まで自動化できたらラクですよね。

MOSHでは、ZoomのミーティングURLをメールで自動送信する機能があります。
レッスンの度に生徒さんへURLを送る必要がないため、手間を省くことができます。

5 MOSHでピラティスレッスンを始めよう

ピラティスインストラクターの資格や活躍フィールド、フリーインストラクターにになるためのポイントを解説しました。

MOSHでは、オンラインでピラティスレッスンをする人にとって嬉しい機能が豊富に備わっています。

  • 予約機能付きのホームページが簡単に作れる
  • 予約と決済が同時に行える
  • 自動で顧客管理ができる
  • 感想レポートが集められる
  • 1対1のパーソナルレッスンの受付も可能
  • 月謝制のサブスクレッスンを提供できる

これらの機能を、無料かつ簡単に使うことができますよ。

分からないことがあっても個別のLINEサポートが充実しているので、複雑な操作はちょっと苦手…という方でも気軽に始められます。

無料でオンラインピラティスレッスンが始められるMOSHを、ぜひ試してみてくださいね!

\スマホで完結、誰でもカンタン/  
MOSHなら予約受付や事前決済など
オンラインレッスン開催に必要な
あらゆる機能が無料で使える