ネットでサービスを売れる「MOSH」が、 シリーズBで総額8億円の資金調達を実施

MOSH_KV_s

リリース日:2022年4月20日

ネットでサービスを売れる個人ブランド支援サービス「MOSH」を運営する、MOSH株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:籔 和弥、以下MOSH)は、グローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本 安彦)をリード投資家とし、グローバル・ブレイン8号投資事業有限責任組合、千葉道場ファンド、KDDI Open Innovation Fund3号、DBJキャピタル株式会社を引受先とする8億円の第三者割当増資によるシリーズB資金調達を実施したことをお知らせいたします。

これにより、累積資金調達額は約12億円となり、引き続き、マーケティングおよび開発体制を強化すると共に、個人のブランド化支援の新たな取り組みとして情熱を持った個人がチームを作り共同でサービスを展開できる仕組み「MOSH for Teams」などの新機能開発への積極的な投資を実施してまいります。

※「MOSH for Teams」などの新機能の詳細はこちらをご参照ください。

資金調達の背景・目的

MOSHは、ヨガ・フィットネス・美容・音楽・料理・キャリア・育児・占いなど200職種以上の個人商圏を最大化するストアフロント型サービスECを展開しています。

2017年7月創業以来、「情熱がめぐる経済をつくる」をミッションに掲げ、情熱を持ったプロフェッショナルな個人が自身の持つ技術や情報を簡単に発信・予約・決済できる手法がないというマーケット課題を解決すべく、オンライン販売するために必要な、ホームページ作成、オフライン・オンラインの予約決済、デジタルコンテンツ販売、月間サブスクリプションなどをワンストップで提供することで、ファン収益を最大化させたい個人のマネタイズを支援してまいりました。

クリエイターエコノミー圏の活性化により、MOSHを活用してオンラインサービスやデジタルコンテンツ販売などのビジネスを本格的に始める個人は急増しています。

MOSHの利用クリエイター(サービス提供者)数はコロナ禍以前の2020年2月末時点の5,000名から、2022年3月末時点で約45,000名と9倍に増加しており、ニーズの高まりは継続しています。

MOSHは、このような個人の情報発信や行動によって形成された経済圏であるクリエイターエコノミーが拡大している状況において、個人の活躍をより一層サポートするべく、今回調達した資金をサービス認知拡大のためのマーケティングおよび開発体制を強化するための人材採用、個人のブランド化を支援するための仕組み構築に活用いたします。

※2022年度内に『Webエンジニア』『事業開発』『マーケティング』『カスタマーサクセス』などのポジションを中心に大幅な増員を予定しております。
経営陣を含む社員とのカジュアル面談のページもオープンしておりますので、MOSHの事業にご興味がある方は是非ともご応募いただけますと幸いです。

採用ページはこちら
Meetyでのカジュアル面談はこちら

今後の展開

MOSHは、今後も個人が自身をブランド化してチームとしてサービスを展開できる取り組み「MOSH for Teams」などの新たなサービス提供や、利用クリエイターへのオンボーディングの充実などの既存サービスの改善を通じて、個人をエンパワーメントし、クリエイターの方々が多様性あるサービスを提供できるよう、最大限にサポートしてまいります。

そしてMOSHを通じて、個人の持つ情熱がエンドユーザーである顧客に伝わり、巡り続けていくプラットフォームを目指してまいります。

今回の引受先からのコメント

グローバル・ブレイン株式会社 Partner 深山 和彦 氏

個人やSMBが新たに創出するロングテール市場。EC市場ではBASE株式会社(以下BASE)がその可能性を示しました。私たちはサービスEC市場でも同様の可能性を強く感じています。
このような魅力的な市場にBASEと同じ思想(「ストアフロント型」&「プロダクトファースト」)でチャンレンジするMOSHにも大きな可能性を感じています。
そんなMOSHを、(グローバル・ブレインの元支援先であり既存投資家である)BASEと一緒にご支援できることも楽しみです。
「MOSH」によってより多くの個人が情熱を持って新たなサービスを創出・提供し経済が活性化する。そんなチャレンジをご支援できることを楽しみにしております。
※SMB:Small and Medium Business(中堅・中小企業)

千葉道場ファンド パートナー 石井 貴基 氏

MOSHの掲げる「情熱がめぐる経済をつくる」というミッションに強く共感して今回投資させていただきました。
サービスのECもモール型だけではなく、D2C型も盛り上がるトレンドは不可逆だと感じており、MOSHがこの流れを加速させてくれると信じています。
代表取締役社長の籔さんとも1年以上コミュニケーションさせていただきましたが、事業だけではなく個人としても圧倒的に成長されている印象で、今回ご一緒させていただけるのが本当に嬉しいです。
起業家コミュニティ「千葉道場」として、しっかりご支援してまいります。

KDDI株式会社(KDDI Open Innovation Fund3号) 事業創造本部 副本部長 中馬 和彦 氏

「情熱がめぐる経済をつくる」をミッションに掲げ、個のブランディングとその活動をサポートするMOSHの事業に強く共感し、この度の出資に至りました。
KDDI株式会社は本出資を通じ、ファン収益の最大化によるクリエイターエコノミー経済の最大化に貢献すべく、全力で支援してまいります。

DBJキャピタル 投資事業有限責任組合 シニア・インベストメント・マネージャー 赤間 祥 氏

2020年に出資させていただいてから1年半、多くのクリエイターが「MOSH」を活用して独自のサービスの可能性をネットで拡張する様子を見てきました。
その裏で、MOSHの社員が各クリエイターのことを真剣に考え、試行錯誤しながらプロダクト・サービスの改善を進めてきたことも見てきました。
今回の資金調達により、代表取締役社長の籔さんを中心としたMOSHチームが更に各クリエイターにとって頼もしい存在となり、サービスEC市場を切り開いていくことを期待しています。
「情熱がめぐる経済をつくる」というMOSHの変わらぬミッションに向けて、DBJキャピタルも引き続き共にチャレンジしてまいります。

MOSHとは

MOSHは、ネットであらゆるサービスをカンタンに売ることができるストアフロント型サービスECプラットフォームです。
ホームページ・予約・決済・月額サブスクリプション・回数券・クーポンなどの機能をスマホで簡単に作ることができ、顧客管理やデジタルコンテンツの販売なども行うことができるサービスです。
2021年12月時点で登録クリエイター数は4万人を突破し、ヨガ・フィットネス・美容・音楽・料理・キャリア・育児・占いなど200業種を超える方々にご利用いただいています。

以下、サービスの実績となりますのでご参照ください。

会社概要
社名    : MOSH株式会社
本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-14-13岡崎ビル907・908
代表者   : 代表取締役社長 籔 和弥
設立    : 2017年7月
決算期   : 6月
事業内容  : インターネットビジネスの企画・開発・運営
URL    : https://corp.mosh.jp/

報道関係者問い合わせ先
MOSH株式会社
広報PR担当 山下  https://corp.mosh.jp/
プレスキットはこちらから

\スマホで完結、誰でもカンタン/  
MOSHなら予約受付や事前決済など
オンラインレッスン開催に必要な
あらゆる機能が無料で使える