Web集客からオフライン集客まで!パーソナルトレーニングの宣伝方法をご紹介!

MAGAZINE_OGP_パーソナルトレーナー集客

「オンラインレッスンをはじめてみたい」
「オンラインレッスンをはじめたいけどやり方がわからない」

このように悩んでいるパーソナルトレーニングジムや、トレーナーも多いのではないでしょうか。
新型コロナウイルス拡大防止のため、オンラインレッスンを取り入れているジムが多くなったことから、Web上での集客方法がますます効果的になっています。

Web集客と聞くと、複雑そうと思いがちですが、「スマホ1台」あれば簡単に利用できるサービスもあります。
集客方法はホームページ・SNS・ブログなど様々。
この記事では、実際にパーソナルトレーナーがWebで集客する方法を具体的にお伝えしていきます。

MOSHでは多くのパーソナルトレーナーさんが活躍中!

1 Web集客の必要性

パーソナルトレーニングのジムでオンラインレッスンを始める予定のトレーナーにとって、必要不可欠なのがWebでの宣伝・集客

なぜなら、お客さまが「パーソナルレッスンをやってみたい」と思ったときに、インターネットで情報を集めることが多いからです。

例えば、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで「パーソナルトレーニング オンライン」と検索。SNSで広告やレッスンの様子が流れてきたときに、目に止まり実際に体験レッスンをしてみたという方も多いでしょう。

このように、オンライン上では様々な入り口から集客をでき、パーソナルレッスンを提供しているトレーナーがWeb集客をするメリットも大きいでしょう。

また、Web集客の最大のメリットは広告宣伝費が抑えられること

膨大な広告費をかけることなく、費用を抑えて集客ができるでしょう。次の章からは、Web集客の具体的な方法について説明します。

2 パーソナルトレーニングの主な集客方法

Web集客のコツ

パーソナルトレーニングのスキルを売り出すためには、さまざまな媒体での集客が必要となります。
実際にどのような集客方法があるのか具体的に見ていきましょう。

2-1 SNS(Twitter・Instagram・Youtube)

手軽で簡単なWeb集客方法といえば、SNS集客。
特にTwitter・Instagram・Facebookを用いたSNSは、個人で活動しているクリエイターにとって費用がかからず無料で利用できるため、気軽に情報を発信できるツールです。

スマートフォンの普及により、多くの人の目に留まる機会も増えており、効果的に宣伝を行える媒体でもあります各SNSの特徴や具体例をあげてみました。

SNS 特徴 発信する情報
Instagram ・女性ユーザーが多め。
・写真がメインのSNS
・ジムのレッスン風景をのせる
・トレーナーの日常生活を掲載し、
親近感を抱いてもらう
Twitter ・拡散力があり、情報が広まりやすい
・日常生活で活用できる、
「体の悩み」にあった
トレーニングや解消方法を紹介
YouTube ・動画サービスなので、
レッスンイメージの訴求がしやすい
・動画配信自体は無料だが、
編集作業や機材のコストがかかる
・自宅でおこなえる
「簡単筋トレ」方法などを
動画で紹介

ターゲットにとって興味をひく投稿をすれば、SNSの強みである拡散力により多くの人の目に留まることにもなるでしょう。

2-2 ブログサービス

より具体的・専門的な内容を発信できるのがブログサービスの強みです。

ブログは無料と有料のサービスがあり、それぞれ特徴やメリット・デメリットも異なります。

それぞれのサービスの仕組みや特徴をまとめてみました。

無料ブログ 有料ブログ
主な媒体 アメブロ・はてなブログなど WordPressなど
サーバー
ドメイン
用意する必要なし 自分で準備する必要あり
デメリット ・サービスが突然終了になるリスクがある
・デザイン・機能をカスタマイズできない
・運営コストがかかる
・操作になれるまで時間がかかる
・すぐにアクセスが集まらない
メリット ・お金がかからない
・ブログサービス内で集客しやすい
・開設がかんたん
・知識ゼロでもスタートしやすい
・サービス終了になるリスクが低い
・デザイン・機能をカスタマイズしやすい

お客さまが検索をする内容は「自分の悩み」であることが多いです。

「パーソナルトレーニングで体を引き締めたい」
「信頼できるパーソナルトレーナーのレッスンをうけたい」
「個人経営と大手ジムでトレーニングを受けた場合、どちらがいいか比較したい。」

などというように、悩みの内容は人それぞれ。
一人ひとりの悩みに答えた具体的なレッスン内容やトレーニング、得られる効果・トレーナーの情報などを書くことによりお客さまの心に訴えられます

プロの視点から、トレーニングの長所やアドバイスを記事内に書くことを意識すると、自然にジムのアピールができるようになるでしょう。
記事内に、写真や図などを用いるとより読みやすくわかりやすいブログになります。

2-3 HP集客

インターネットで検索するのが当たり前の時代になり、トレーナー個人でもホームページを持つ人が多くなりました。

ホームページはお店の看板ともいえるため、お客さまにより興味をもってもらい、来店に繋げやすい集客方法です

ユーザーが求めている情報すべてを網羅して掲載できるので、お客さまからの信頼を得やすい方法でもあります。
ホームページ作成時に掲載する具体例は下記のようになります。

  • パーソナルトレーニングジムのコンセプト
  • レッスンのカリュキュラム(オンライン教室)
  • 料金形態
  • 予約方法
  • トレーナーのプロフィール
  • 利用者の口コミ
  • 基本情報(住所・電話・メールアドレスなど)

この他にも、お客さまの視点に立って求めている情報を記載しましょう。
お客さまの「悩み」で検索上位に表示されるようになると、認知度が高められるようになるでしょう。

しかし、検索結果で上位表示するためのSEO対策をしても、実際に効果がでるまでには時間がかかります。
SEO対策と並行してSNSからHPに誘導する集客方法も取り入れましょう。

MOSHは予約機能付きHPを無料で作れる!

2-4 ポスティング

ポスティングは、フリーペーパーやチラシを使った集客方法です。

チラシの制作、ポスティングを一人で行うことは難しいため、一括で発注できるラクスルなどを利用するのが主流となっています。

また、ポスティング作業の他に、お店にチラシを貼ってもらうなどの営業活動も必要です。

メリットは、「近場でパーソナルトレーニングをしたい」とジムを探している方に情報を直接届けられるため、効果的な集客方法ともいえます。

しかし、ポスティングによって来店されるお客さまはチラシの配布数のうち0.01〜0.3%といわれています。
したがって、10,000枚配り1人が来店されるといった反響になっているのが現状です。

現在はインターネットの普及により折込チラシ・ポスティングによる集客力も落ちつつあるので、Web集客も並行して行うようにしましょう。

2-5 イベントに参加する

ジムで行っている体験レッスンはクローズドな環境のため、「申し込みまでのハードルが高い」と感じる人もいらっしゃるでしょう。

さまざまな種類のトレーナーが集うイベントに参加することにより、多くの人に自分のパーソナルトレーニングを知ってもらえるチャンスが生まれます

イベント例として、

  • 「パーソナルトレーナーイベント特集」の企画に参加
  • サロンメンバーと交流できるイベント開催
  • フィットネススタジオ対抗運動会

など、様々な場でパーソナルトレーニングを体験できる企画を特集しています。

ジムでイベントを開催したり、イベント情報を探して参加しましょう。
ジムが主流で行うイベントは、通われているお客さま同士の交流や、検討中のお客さまも生の口コミが聞けるなどのメリットもあります。

3 パーソナルトレーニングにおける集客のコツ

パーソナルトレーニングは健康や美容ブームの影響で利用する人も増え、より身近な存在になっています。
そのため、個人でパーソナルレッスンを提供する方が増え、新規顧客の獲得が難しくなってきています。

パーソナルトレーニングの集客に効果的な方法・コツを説明していきます。

Web集客のコツ

3-1 相手の目線に立った情報発信

集客のコツは、パーソナルトレーニングに興味をもっているお客さまにとって有益な情報を発信すること。

まずは、以下のようにサービスのターゲットを絞ることが必要になります。

  • 年齢
  • 性別
  • 住んでいる場所
  • サービスを受ける時間帯
  • パーソナルトレーナーに特化した内容

また、対面(オフライン)レッスンなのか、オンラインレッスンなのかによってもターゲットやおすすめの集客方法は変わってきます。
オンラインとオフラインでレッスンをする時の比較をしてみましょう。

オンライン オフライン
レッスン場所
(料金)
自宅(0円) スタジオ(レンタル代)
注力すべき集客方法 インターネット チラシやフリーペーパー
販促費用 0円 チラシ制作〜ポスティング
デメリット ・インターネット環境が必須
・配信機材の準備が必要
拘束時間が長い
(自宅からスタジオまでの往復・
レッスン準備からお客さまが帰るまで
スタジオを閉められないなど)
メリット レッスン会場が自宅のため、
スキマ時間があればレッスンできる
対面なのできめ細やかな指導ができる

作ろうと思ったサービスが「どんな人」に向けたサービスなのか。ジムのターゲットに合った情報発信を心がけるようにしましょう。さらに、以下のようにお客さまが求めている内容もそれぞれ異なります。

  • 気になる体の部位の鍛え方
  • 筋トレに関する知識
  • 栄養バランスをみた食事のアドバイス

このように、サービス設計や対象ターゲットを細かく設定してから情報発信をするとより効率的に集客しやすくなります。

3-2 独創性のあるコンセプト

「独創性」のあるコンセプトと聞くと難しく感じてしまいますよね。独創性のあるコンセプトとは簡単にいうとトレーナーのこだわり

他にはないオリジナルのメニューや、大切にしていること、どんな悩みを抱えた人に向けたサービスなのか、などポイントを見つけてみましょう。

「ここでしか得られない」体験を得られそう、と思ってもらうことが大切です。

さらにオリジナリティを出す方法としては、SNS発信に利用する写真や動画
具体的には下記の通りです。

  • 服装・髪型などの外見面
  • 背景や小道具といった印象面
  • ジムでおすすめのグッズやウエア

サービスだけなくトレーナー本人のブランディングのためにも、さりげなくコンセプトを明確にし、強調することで集客もしやすくなります
自宅で撮影をするときは、住所が特定されないように撮影・配信には細心の注意を払いましょう。

MOSHでレッスン予約を受け付けよう!

3-3 最初のハードルを下げるための「お試しレッスン」

集客を行い成約につなげる大切なステップの一つがお試しレッスン

まずは、ジムを初めて知った人が気軽にレッスンに通えるように無料または割引価格のお試し期間をもうけましょう。

パーソナルトレーニングを検討中のお客さまにとって「実際にどんなトレーニングをするのか心配」という悩みを解消できます。

具体的にお試しレッスンで行うべき内容を紹介します。

  • ジムを検討している目的をヒアリング
  • 生活習慣からの改善策を提案するための相談
  • 目指したい体型や体の悩みを解消できるプランの提案
  • 継続しやすい食事指導
  • お客さまの目的にあったトレーニングの体験

また、体験することにより、ジムやトレーナーの雰囲気も体感できます。

有料・無料にかかわらず体験に来た人が「このジムに通いたい」と思っていただけるように、クオリティの高いレッスンをするように心がけましょう。

3-4 口コミを集める

ジムに通おうかと検討しているお客さまにとって、利用者の声を載せることも効果的です第三者の視点でレッスンの内容・トレーナー・ジムの雰囲気を伝えられます。

例えば、

「トレーナーが親切。初心者でもわかりやすく丁寧にレッスンを行ってくれています。」
「ジムに通いはじめて、○ヶ月で体型が変化してきました!」
「レッスンの雰囲気がよく、通いやすいです」

など、検討を決めかねているお客さまの不安を解消し、ジムの信頼感や安心感も生まれます

3-5 予約・申し込みまでの導線はわかりやすく

予約や申込みまでの導線を簡単にわかりやすくするには、集客を行なっている発信媒体に予約方法の明記をすることが重要です。

例えば、SNSでの投稿には必ず予約できるページへのURLを貼る、チラシやフリーペーパーにはQRコードを貼ったりなどをしましょう。

せっかくレッスンに興味を持ってくれたお客様を取りこぼさないためにも、集客・告知・予約までがスムーズになるように工夫しましょう。

MOSHで予約ページを簡単作成しよう!

4 Web集客できる予約ページにするには

Web集客できる予約ページを作成するポイントはわかりやすさ

見やすくわかりやすい予約ページ作りが大切です。

Web集客のコツ

4-1 プロフィール

レッスンを担当するパーソナルトレーナーのプロフィールは、もっとも大切な情報になります。

トレーナーの印象は「レッスンを受けようか」と、検討しているお客さまにとって、非常に大切になってきます。
明るく楽しくレッスンを受けやすそう、と感じてもらえる雰囲気作りを心がけましょう

経歴はもちろん、レッスンを検討中のお客さまに向けて「トレーニングをしたくなる」ようなメッセージを添えたり、トレーナーの人柄がわかる趣味を載せるとより親しみを感じてもらえるかもしれません。

居心地のよい雰囲気と、トレーナーの人柄が伝わるプロフィール作りはお客さまがトレーニングに通いたいと思う決め手の一つになるでしょう。

4-2 販売サービスの内容

販売サービスの内容で、一番はじめに伝えたい内容はトレーニングのコンセプト
トレーナーの方針や提供価値をしっかりと伝えましょう。

そのため、コンセプトを伝えるにはわかりやすいキャッチコピーや表現方法もポイントとなってきます。

ジムの料金体系も表などを使いわかりやすく記載しましょう。
料金体系は、お客さまがレッスンの内容に見合う金額かなどがジムを選ぶ判断材料の一つになります。

4-3 掲載する写真

実際のレッスンの雰囲気や、イメージが伝わるような写真は必ず掲載するようにしましょう。
トレーナー本人の顔がわかるのも、お客様にとって安心材料となります。

掲載する写真は、ホームページを見た時に、スマホからもPCからも最適なデザインで表示させましょう。

掲載する写真が切れていると、画面上でも見にくくなるため写真のサイズも重要です。

写真だけでなくイラストや図も使用すれば、お客さまによりわかりやすく伝わりますね。

4-4 SNSの連携

予約ページ内に、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSやブログなど、普段あなたが情報を発信している媒体のURLも貼っておきましょう。

予約しようと考えている方にとって、あなたの発信する情報が申し込みの後押しとなります。

5 オンラインレッスンを始めるならMOSHがおすすめ

今回は「パーソナルトレーニング」を提供されているパーソナルトレーナー向けに、Web集客する方法をお伝えしていきました。

個人でパーソナルトレーニングを提供される方におすすめなのが、MOSH

ネット予約・決済・顧客管理・月額レッスンなど、必要な機能が全て揃っています。

さらにMOSHではこれらの機能全てを初期費用・月額費用無料で利用可能

「スマホ1台」あればはじめられるMOSHでオンラインレッスンを始めてみませんか?

\スマホで完結、誰でもカンタン/  
MOSHなら予約受付や事前決済など
オンラインレッスン開催に必要な
あらゆる機能が無料で使える